地震対策として瓦屋根を軽い屋根にする

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0120-7109-88
HOME > 地震対策として瓦屋根を軽い屋根にする。瓦屋根の症状と対応策。
瓦屋根の修理・葺き替えなら屋根無料見積.com瓦の地震対策、ガルバリウム鋼板への葺き替えなど屋根材毎の専門業者が対応

瓦屋根は、頻繁に起こる地震や台風を考え、屋根の軽量化や強風対策としてガルバリウム鋼板やスレート屋根への葺き替えを考える方が増えています。
しかし屋根を軽量化した後の施工トラブルまで考え業者選びをする方は少なく、思わぬ出費に悩む方も増えています。
このページでは、瓦から葺き替え可能な屋根材について。
ガルバリウム鋼板への葺き替えで最も注意すべき業者選び
●瓦屋根の修理については、コチラ(悪質業者による修理例も掲載)

瓦屋根の葺き替え3パターン

1:瓦 ⇒ガルバリウム鋼板へ。
2:瓦 ⇒スレート屋根 (カラーベスト・コロニアル)へ。
3:瓦 ⇒瓦へ。

1:瓦屋根から ⇒ ガルバリウム鋼板(金属屋根)へ

瓦屋根は、地震対策として屋根重量の軽量化、台風など強風による近隣への瓦飛散を防ぐためガルバリウム鋼板へ葺き替えるお客様が増えています。
ガルバリウム鋼板は、瓦から葺き替えることで屋根重量を1/10程度まで軽量化できます。
また台風対策としては瓦屋根の2倍程度の強風に耐えることが可能です。

●瓦屋根の地震対策 ⇒ガルバリウム鋼板へ
瓦からガルバリウム鋼板屋根への葺き替え写真
地震対策としての屋根軽量化:入母屋屋根なので腕の良い業者希望とのご依頼。施工例へ


瓦屋根の葺き替え事例。


●陶器瓦 ⇒断熱材付きガルバリウム鋼板へ
陶器瓦屋根を断熱材付ガルバリウム鋼板へ葺き替え
断熱材付きガルバリウム鋼板は、瓦からの葺き替えで圧倒的に多く選ばれているタイプで断熱性・遮音性に優れています。施工例へ

●洋瓦 ⇒断熱材付きガルバリウム鋼板へ
洋瓦をガルバリウム鋼板へ葺き替え
こちらも同じ断熱材付きガルバリウム鋼板、瓦から葺き替えることで屋根の重さが約1/10程度に軽くなります。施工例へ

●セメント瓦 ⇒天然石付きガルバリウム鋼板(ストーンチップ)へ
瓦屋根をTルーフへ葺き替え
表面に天然石(ストーンチップ)を焼き付け加工した屋根材で瓦風に見えるタイプ。需要は少ない。施工例へ

    瓦 ⇒ガルバリム鋼板へ葺き替え後の施工トラブル激増!!
    施工トラブルでの再葺き替え工事が増えています。
    雨漏りによる施工不良。瓦をガルバリウム鋼板にしたが僅か数年で再葺き替えに。

    瓦からガルバリウム鋼板屋根への葺き替え写真
    工事後すぐに雨漏り、何度修理しても直らない。専門の所に頼んだ方が良いとご連絡頂いた例。施工例へ

<瓦の地震対策はご注意ください>
屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え、安心していたら・・・工事後、雨漏りで悩まされた。
2018年の大坂府北部地震では瓦屋根が崩れて雨漏りした家が多くありましたが、実は瓦からガルバリウム鋼板に葺き替えた家でも瓦の家と同じように雨漏りで悩まされた家も多くありました。
これでは何のために地震対策したのか分からなくなってしまいますが、その原因は工事内容に問題があったからです 。⇒ 「瓦屋根の葺き替えで注意すべき業者選び」line


2:瓦から ⇒スレート屋根 (カラーベスト・コロニアル)へ

スレートは、瓦屋根を安価に葺き替えるのに適した屋根材です。
需要としてはガルバリウム鋼板の1/20程度と少なく、施工が悪いと屋根寿命を大幅に縮めてしまうこともあるため正しい工事方法を知る職人に頼むのが賢明です。

●陶器瓦 ⇒コロニアルクアッドへ
瓦からカラーベストへの葺き替え写真
地震対策としての屋根軽量化、コロニアルへの葺き替え。施工例へ

●セメント瓦 ⇒コロニアルクアッドへ
セメント瓦からコロニアルへの屋根葺き替え
セメント瓦からコロニアルへの葺き替え。施工例へ

スレート屋根⇒カラーベスト・コロニアルの種類:製造メーカーKMEW(ケイミュー)
カラーベスト・コロニアルの代表的な種類
1番目が最も多く使われているコロニアルクアッド、色あせを抑え対候性を高めたコロニアルグラッサ、自然石の素材感を表現したレイシャスグラッサの順です。

瓦からスレート屋根に葺き替えると屋根重量が1/2以下になるため、ガルバリウム鋼板に次いで多く選ばれる屋根材です。
ガルバリウム鋼板より安い費用で葺き替えられるため、瓦が全く傷んでいなくても地震に備え葺き替える方も増えています。
スレート屋根も、きちんとした方法を知らない業者に依頼したことで直ぐに雨漏り、「こんな事なら葺き替えるんじゃなかった」というお客様も多いようです。

    三晃式屋根への折半カバー工法
    コロニアル製造メーカー:KMEW小田原工場の屋根を施行中の当サイト専門業者さん。縦葺きガルバリウム鋼板工事

line

3:瓦から ⇒ 瓦へ

「地震は気になるけど、やっぱり瓦屋根がいい!」という場合は、棟の段数を減らしたり、ガイドライン工法を採用する、防災瓦に変えるなどの地震対策を施した上での葺き替えをお勧めします。

●瓦 ⇒防災瓦へ
和瓦から防災瓦への葺き替え写真
耐震性を高めた瓦屋根葺き替え:棟部軽量化とガイドライン工法(防災瓦使用)。施工例へ

●スレート瓦 ⇒ルーガへ
セメント瓦からルーガ鉄平へ屋根葺き替え
スレート瓦からKMEW(ケイミュー)の樹脂繊維混入軽量セメント瓦ルーガ鉄平へ。施工例へ

陶器瓦の趣やメリットを残すため、また同じ瓦屋根に葺き替えたい、または修理して使い続けたいと考える場合、気になるのは地震や台風による影響です。

そのような場合はガイドライン工法で工事することをお勧めいたします。
最も影響を受けやすい棟部は、補強金物を取り付けることで耐震性、耐風性を高められます。
瓦の耐震修理
実際の修理例(地震で崩れた棟部に補強金具を取り付け、棟の高さを低く修正しました)


瓦からガルバリウム鋼板への葺き替えで注意すべき業者選び。

ガルバリウム鋼板の屋根は、瓦と比べ耐久性は落ちますがメリットの多い屋根材です。
しかし最も需要なガルバリウム鋼板の屋根寿命について。
 ↓
職人の腕次第で屋根寿命が長くも短くもなります。
工事後2~3年で再葺き替えになる事もあるので業者選びは非常に重要です。

瓦屋根は、殆どの業者が専門資格や確かな技術を持つ本職が工事を行っています。
しかしガルバリウム鋼板の場合は、専門資格を持たず基本的な工事方法さえ知らない業者が多く工事しているため注意が必要です。

ガルバリウム屋根の施工トラブルが急増する原因!

ガルバリウム屋根への葺き替えで重要なこと。

ガルバリウム鋼板の専門業者は、元々金属屋根を工事していた業者です。
しかし現在は、金属屋根の工事方法を知らない業者が多く参入したことで、きちんと工事している業者の割合は1割程度まで減っています。

きちんと工事している」とは、どういう事か?
それは屋根材メーカーの工事規定を守って工事しているか?という事であり、工事後の雨漏りを防ぐ上で非常に重要な事です。
瓦をガルバリウムにしたら雨漏り

メーカー工事規定」は、工事方法を細かく規定したもので、 この規定を守らずに工事してしまう事が、工事後の雨漏り・再葺き替えなど施工トラブルが急増する原因になっています。
(ガルバリウム鋼板への葺き替え後、10年で再葺き替えになった例) ⇒

(メーカー工事規定は、金属屋根業者が行っていた基本的な工事方法を元にマニュアル化したものです。この規定は、工事後の雨漏りを防ぐために最低限守るべきものですが、信じられないほど多くの業者がメーカー工事規定を守っていません。)

メーカー規定を守らない業者と守っている業者。

■メーカー規定を守らない業者。
このタイプの業者が圧倒的に多く、規定を守らない業者は、ガルバリウムとは工事方法の異なるスレート屋根などの方法で工事していて、正しい工事方法を知らないため防水シート頼みの工事を行っています。
防水シート頼みの工事は非常に危険であり、防水シートがきちんと施工されていなければ工事後直ぐから。きちんと施工されていた場合でも劣化と共に必ず雨漏りが始まります。

■メーカー規定を守っている業者。
金属屋根業者はガルバリウム鋼板屋根が専門なので、メーカー規定以上の工事をしており、例え防水シートが無くても雨漏りしない工事をするため、一般的な業者と比べ工事方法に根本的な違いがあります。

メーカー規定を守る業者と守らない業者の技術・工事内容には雲泥の差があります。
工事内容は比べようも無いほど違うため見積費用だけを比べての業者選びは非常に危険です。
瓦からガルバリウム鋼板への葺き替えは、工事後の雨漏りトラブルを避けるため本物の専門業者へご依頼下さい。

【ガルバリウム屋根への葺き替えは、専門業者対応の屋根無料見積.comへ】
屋根無料見積.comは、 低品質な屋根工事による消費者被害を減らすため日本屋根業者サポート協会に加盟する屋根専門業者協力のもと運営されています。
屋根材メーカーの施工基準以上、技術優先で屋根工事を希望されるお客様は是非ご依頼ください。
瓦屋根葺き替えなら屋根材毎の専門業者対応の屋根無料見積.comへ

  • お客様の声
  • 瓦からガルバリウム鋼板へ葺き替えたお客様の声 日々変化していく我が家を見るのが本当に楽しみでした。
    今回「屋根無料見積.com・日本屋根業者サポート協会」様に相談したのがきっかけで、このように大変満足な仕上がりで家族一同本当に感謝しております。(施工例283のお客様より)
  • 瓦からガルバリウム鋼板へ葺き替えたお客様の声 「最大の幸運でした」
    依頼者のために心を砕く、腕に自信アリ!の屋根職人さんでした。
    本物中の本物の屋根職人さんを紹介していただき、心から感謝しています。
    市川さんと伊藤さんに出会えたことが、最大の幸運でした。(当サイトを利用されたお客様の声より)

瓦屋根からガルバリウム鋼板への葺き替えは屋根無料見積.comへ


ガルバリウム鋼板は、地震対策として一番人気の屋根材。

瓦からの葺き替えで最も多く選ばれているガルバリウム鋼板。
葺き替えることで屋根重量は約1/10になります。
例えば屋根面積が100㎡(30坪)のお宅であれば、5,000kg→500kgまで軽減されるため、地震対策として屋根が全く傷んでいなくてもガルバリウム鋼板へ葺き替えるお客様も増えています。

ガルバリウム鋼板は、スレート屋根と比べても約1/4の重量。
葺き替え費用は、スレート屋根と比べ少し高くなりますが、きちんと施工されていればメンテナンスに掛かる費用はスレート屋根より割安。
あと何年くらい今の家を維持したいかで、
ガルバリウム鋼板にするか?
スレート屋根にするか?
を考えても良いかもしれません。 


瓦の修理方法。(原因・問題点・対応策)

瓦屋根で修理が必要になる箇所と対応方法、修理前と後を写真を掲載しました。

漆喰(しっくい)の修理


漆喰の欠け 原因:経年劣化・施工不良
問題点:下地が腐朽し雨漏りにつながり易い
対応策:漆喰修理


瓦しっくい修理
和瓦の漆喰修理

瓦しっくい修理
漆喰修理と棟瓦の一部積み直し。

瓦棟部からの雨漏り修理
漆喰が剥がれたまま放っておいたため奥の葺き土が流れ出し雨漏りしていました。

悪質業者による瓦屋根修理例悪質屋根業者による修理被害1
半日の修理で30万円請求され消費者センターに相談。
専門の所に見てもらった方が良いと言われた例。施工例へ

訪問販売業者による瓦屋根修理例訪問販売業者による修理被害2
200万円近い費用を費やしても雨漏りが直らなず、ガルバリウム鋼板屋根に葺き替えた例。施工例へ


棟瓦(冠瓦・のし瓦)の修理


地震による棟瓦の崩れ 原因:地震、外的振動
問題点:棟瓦の落下、雨漏り
対応策:棟瓦積み直し、葺き替え


棟瓦の積み直し修理
棟瓦の積み直し(通常修理)。
冠瓦修理と耐震工法つくばみらい市での瓦地震対策と瓦修理
棟瓦を耐震工法で修理。


落下を防ぐ瓦屋根対策

地震・台風で最も影響を受けるのは棟部の「のし瓦」と「冠瓦」です。
瓦屋根の地震・台風対策 瓦本体(桟瓦)は釘で固定できますが、のし瓦や冠瓦は銅線で固定されているだけなので地震・台風で落下する危険があります。
対応策としては、銅線で止めるのでなく、ステンレス製の棟補強金具で棟をガッチリ固定して、のし瓦の段数を減らし棟の高さを低くすることが地震・台風対策として非常に有効です。


耐震性アップのための瓦棟部修理
地震に強い耐震棟(ガイドライン工法、山形金物・芯材受け金物一体型)で棟瓦積み直し。

瓦棟部の積み直し耐震工事
地震に強い耐震棟(ガイドライン工法、山形金物・芯材受け金物一体型)で棟瓦積み直し。

洋瓦の漆喰修理
洋瓦の漆喰修理と棟部耐震金物取り付け工事。

地震+台風対策

棟部は地震の影響を最も受けやすい部分なので棟部の補強は重要です。
ですが、地震対策をしたのに、その後に来た台風で瓦本体が飛んでしまったという例もあります。
地震対策した瓦屋根の台風被害。台風対策も考える場合は、瓦本体もきちんと固定し直すことをお勧めします。
右写真は、棟部を耐震補強した3ヶ月後の台風で瓦本体が飛んでしまい屋根を葺き替える事になった例です。 施工例へ


瓦のズレ修理


瓦の流れズレ
(流れ方向のズレ・桁方向のズレ・桟瓦本体ズレ)

原因:地震、外的振動、瓦の下地腐朽、メンテナンス不備
問題点:下地が腐朽し強風時の飛散する、雨漏りにつながり易い
対応策:葺き直し、全面葺き替え

瓦の葺き直し工事

瓦葺き直しと耐震工事
いい加減な修理をされて雨漏りする瓦屋根の葺き直しと耐震補強。

瓦屋根の地震対策と葺き直し工事
地震で棟瓦が崩れたままにしていたら野地板まで腐った瓦屋根の葺き直しと耐震補強工事。


瓦屋根の修理・葺き直し・葺き替えは、屋根無料見積.comにお任せ下さい。

断熱性や遮音性に優れ、耐久性の高い瓦屋根。
施工技術の未熟な業者の手が加わることで寿命を縮めてしまうケースが多々見られますが、きちんとした専門業者が適切な修理をすることで台風や地震が来ても安心な状態を保つことも可能です。

瓦屋根の修理を頼んでも、その原因は何なのかや適切な工事方法を提案してもらえず、言われるがままでは納得がいかない!きちんと説明してもらえない!詳細な見積もりを提示してもらえない!というお客様。
必要最低限の修理をしてくれれば良いのに、必要のない部分まで修理を勧められる、または葺き替えを勧められ困っているというお客様は是非当サイトへご依頼下さい。
お客様のご要望にきちんと応えられる専門業者が担当させて頂きます。 

瓦屋根工事は屋根無料見積.comへ

フォームからの屋根見積りのお申込みはこちらをクリック

セメント瓦の屋根診断(原因・問題点・対応策)

セメント瓦の傷み症状から分かる原因と対応策。

瓦の割れ

セメント瓦の割れ 原因:踏み割れ
問題点:下地が腐朽し強風時に飛散する。雨漏りにつながる
対応策:部分的差し替え


コケ

セメント瓦のコケ 原因:砂、ほこり、水分などが蓄積され易い
問題点:瓦の隙間に砂、ほこりが溜まり毛細管による水漏れが起こり易い
対応策:掃除、葺き替え


色あせ

セメント瓦の色あせ 原因:経年劣化、塗料不適正
問題点:基材の吸水が増加し雨水が瓦裏面に廻る場合がある
対応策:塗装、葺き替え


棟廻りの補修

棟廻りと虫食い補修 原因:経年劣化
問題点:いつ雨漏りするかわからず下地を痛める
対応策:葺き替え


瓦屋根工事の屋根見積り、屋根業者への見積依頼はフリーダイヤルへ

屋根無料見積.comを利用したお客様の声

屋根無料見積.comに依頼した理由

屋根材別の施工価格

屋根工事見積書チェックサービス
見積が高過ぎない?逆に安過ぎて不安!という場合のチェックサービス。

屋根相談はコチラ

 

   区切り線

屋根無料見積.com

屋根工事の見積依頼は無料見積.com
地元の信頼できる工事業者様をご紹介致します

運営責任者 市川清信
屋根工事、見積に35年・5,000件以上の経験を持ち、屋根工事の裏側を全て知り尽くしたプロが中立の立場でお手伝いします。
電話対応も専門家が致します。
[建築関連業者様へは対応しておりません]

日本屋根業者サポート協会
屋根無料見積.comのミッション
サイト運営会社
お問い合わせ

地震・台風に強いやねへの葺き替え工事
への葺き替えならyanemitumori.com


 

Copyright(C) 屋根無料見積.com All Rights Reserved.