屋根部分張り替え、スレート屋根の工事例
屋根の部分張り替え(葺き替え)事例

屋根部分張り替えとは

屋根部分張り替えは、屋根全体を取り替えるのではなく、損傷や劣化が見られる特定の箇所のみを修理・交換する工法です。
この方法は、屋根の一部に問題がある場合や、予算の制約がある場合に選択されることが多いです。

全面張り替えとの違い

屋根部分張り替えと全面張り替えには、以下のような違いがあります:

比較項目 部分張り替え 全面張り替え
対象範囲 損傷箇所や特定エリアのみ 屋根全体
コスト 比較的低い 高い
工期 短い(数日程度) 長い(1週間以上)
耐久性 部分的な改善 全体的な耐久性向上
外観の統一感 既存部分との違いが生じる可能性あり 全体的に統一された外観

部分張り替えが適している状況

以下のような場合、部分張り替えが適していると言えます。

  • 局所的な雨漏りや損傷がある
  • 屋根全体の寿命はまだ十分ある
  • 予算や時間の制約がある
  • 緊急の修理が必要な場合

全面張り替えが推奨される状況

一方、次のような場合は全面張り替えを検討する必要があります。

  • 屋根全体の老朽化が進んでいる
  • 複数箇所に広範囲の損傷がある
  • 屋根の構造自体に問題がある
  • 耐震性能の向上を目的としている
関連記事
「屋根葺き替えとは?雨漏り防ぐ屋根勾配の重要性とメリット・デメリット」はコチラ

屋根部分張り替えが可能な屋根

屋根部分張り替えで使用される屋根は、既存の屋根材との相性や、家の外観、耐久性などを考慮して選択します。
主な屋根材として以下のようなものがあります:

瓦屋根

瓦屋根の部分葺き替え工事例
こちらは、同じ瓦で修理しようとしましたが既に生産終了していて手にはいなかった事例です。
そのため、勾配違いになっている形状を利用して下部分のみを平板瓦で部分張り替えしました。

スレート屋根

スレート屋根の部分葺き替え工事例
こちらは、降り棟部分の本体の施工が悪く、高さの低くなった谷樋部分に雨水が流れ込み下地まで腐った事例です。
修理しても問題解決されることがなく、谷廻りの2面を部分張り替えしました。こちらの工事例

トタン屋根

トタン屋根の部分張り替え工事例
こちらは、強風でトタン屋根が剥がれ雨漏りしていた事例です。
剥がれたトタン屋根部分のみ構造用合板を重ね張りして部分張り替えして棟包みは全て取り換えました。この工事例

部分張り替えのメリット

屋根の部分張り替えには、全面張り替えと比較して多くのメリットがあります。
ここでは、主な利点について詳しく解説します。

コスト削減効果

スレート屋根の片面張り替え、葺き替え工事例
こちらは、後付けしたトップライト周りから雨漏りした事例です。
雨漏りを止めるため屋根塗装しましたが雨漏りが直らず半切妻屋根の片面のみ部分張り替え(カバー工法)しました。こちらの工事例

部分張り替えの最大のメリットは、コストの大幅な削減です。
全面張り替えと比較すると、以下のような点で経済的です。

  • 必要な材料が少ないため、材料費が抑えられる
  • 作業範囲が限定されるため、人件費が低く抑えられる
  • 廃棄物処理費用が少なくて済む

具体的な費用の違いは以下の通りです:

工事の種類 平均的な費用(戸建て住宅の場合)
部分張り替え 10万円~50万円
全面張り替え 100万円~300万円

工期の短縮

部分張り替えは、全面張り替えと比較して作業範囲が限定されるため、工期が大幅に短縮されます。

工期の比較

  • 部分張り替え:通常1~3日程度
  • 全面張り替え:通常1週間~2週間程度

工期が短いことで、以下のようなメリットが生まれます:

  • 生活への影響が最小限に抑えられる
  • 天候不良のリスクが軽減される
  • 騒音や粉塵による近隣への迷惑を最小限に抑えられる

早期対応による二次被害の防止

部分的な損傷に対して迅速に対応できることで、以下のような二次被害を防ぐことができます。

  • 雨漏りの拡大防止
  • 構造材の腐食防止
  • カビやシロアリの発生防止

これらの早期対応は、将来的に大規模な修繕や建て替えを回避することにつながり、長期的な視点でも経済的です。

部分張り替えの注意点

部分的な補修で済むかの見極め

屋根の損傷状況によっては、部分張り替えではなく部分的な補修で十分な場合もあります。
以下のポイントを確認し、適切な対応を判断することが重要です。

部分補修で対応可能な状況

  • 小規模な亀裂や欠損
  • 局所的な雨漏り
  • 一部の瓦や板金の劣化

部分張り替えが必要な状況

  • 広範囲にわたる損傷
  • 複数箇所での雨漏り
  • 構造的な問題が疑われる場合

正確な判断のためには、屋根材毎の専門業による専門診断を受けることをおすすめします。

雨漏りリスク

部分張り替えを行う際、最も懸念されるのが雨漏りのリスクです。
以下の点に注意して、雨漏りリスクがないか適切な対策を講じる必要があります。

雨漏りリスクを減らすための注意点

評価項目 確認内容
既存屋根の状態 腐食、劣化、ひび割れの有無
張り替え部分の接合部 接続部の適切な施工、防水処理の確認
屋根勾配 適切な勾配の確保、水はけの良さ

屋根の雨漏り対策には専門的な知識と技術が必要とされます。

工事後の経年変化への対応

部分張り替えを行った後も、屋根全体の経年変化には注意が必要です。
新しい部分と古い部分で劣化速度が異なるため、以下の点に留意しましょう。

  • 定期的な点検と維持管理の実施
  • 新旧部分の接合部の重点的なチェック
  • 全体的な屋根の状態評価
  • 将来的な全面張り替えの計画立案

など計画的な維持管理が重要です。

部分張り替えが適している状況

屋根の部分張り替えは、全面張り替えに比べてコストと時間を抑えられる有効な選択肢です。
しかし、すべての状況で適しているわけではありません。
以下のような状況で、部分張り替えが特に適していると言えます。

部分的な損傷がある場合

屋根の一部に限定的な損傷や雨漏りがある場合、部分張り替えが最適な解決策となることがあります。以下のような状況が当てはまります。

  • 台風や強風による屋根材の飛散
  • 施工不良による雨漏り
  • 経年劣化による特定エリアの劣化

これらの場合、損傷部分とその周辺のみを張り替えることで、効率的に問題を解決できるため早期発見と対応が重要です。

損傷の程度による判断

損傷の程度によって、部分張り替えの適否が変わってきます。

損傷の程度 推奨される対応
軽微(数枚の瓦の破損など) 部分的な修理または交換
中程度(屋根の一部に集中した損傷) 部分張り替え
広範囲(屋根全体の30%以上の損傷) 全面張り替えの検討

よくある質問(FAQ)

部分張り替えと全面張り替えはどちらがいいですか?

部分張り替えと全面張り替えのどちらを選ぶかは、以下の要因によって異なります。

  • 屋根の全体的な状態
  • 予算
  • 建物の築年数
  • 今後の居住予定期間

一般的に、以下のような場合は部分張り替えがおすすめです:

  • 限られた範囲の損傷がある
  • 屋根全体の寿命がまだ十分残っている
  • 予算に制約がある

一方、次のような状況では全面張り替えを検討すべきです:

  • 屋根全体が劣化している
  • 築25年以上経過している
  • 長期的なコスト削減を目指している

部分張り替えの保証期間はどのくらいですか?

部分張り替えの保証期間は、使用する材料や施工業者によって異なりますが、一般的には以下のような範囲となります。

保証内容 期間
材料保証 5〜20年
施工保証 2〜10年

ただし、以下の点に注意が必要です:

  • 部分張り替えの場合、既存部分との境目の保証が限定的な場合がある
  • 定期的なメンテナンスが保証条件となっていることが多い
  • 自然災害による損傷は保証対象外となることがほとんど

具体的な保証内容は、業者に確認することをおすすめします。

DIYで部分張り替えは可能ですか?

DIYでの屋根部分張り替えは、以下の理由から専門家に依頼することを強くおすすめします。

  • 高所作業による危険性
  • 専門的な知識と技術が必要
  • 適切な工具や材料の選定が難しい
  • 誤った施工による雨漏りリスク
  • 保証が得られない

ただし、以下のような軽微な作業であれば、DIYで対応可能な場合があります

  • 屋根の清掃
  • 小さな塗装補修
  • 軒樋の清掃や簡単な修理

DIYは、安全性の確保を最優先にしてください。

屋根部分張り替えの費用の目安は?

屋根部分張り替えの費用は、以下の要因によって大きく変動します。

  • 張り替え範囲の広さ
  • 屋根の形状や勾配
  • 使用する材料の種類
  • 作業の難易度
  • 地域や業者による価格差

一般的な目安として、以下のような費用が想定されます:

張り替え範囲 概算費用(税込)
1坪(約3.3㎡)程度 5万円〜15万円
5坪(約16.5㎡)程度 20万円〜50万円
10坪(約33㎡)程度 40万円〜100万円

部分張り替え後、色の違いは目立ちますか?

部分張り替え後の色の違いについては、以下のような点に注意が必要です。

  • 既存の屋根材と新しい屋根材で色味が異なる場合がある
  • 経年劣化による既存部分の色褪せが目立つ可能性がある
  • 日光や風雨にさらされることで、新しい部分も徐々に色が変化する

色の違いを最小限に抑えるための対策としては:

  • 既存の屋根材と同じメーカー・種類の製品を選ぶ
  • 全体的な塗装を行い、色を統一する

部分張り替えの工期はどのくらいですか?

屋根の部分張り替えの工期は、以下の要因によって変動します。

  • 張り替え範囲の広さ
  • 屋根の形状や勾配
  • 使用する材料の種類
  • 天候条件
  • 作業員の人数

一般的な目安として、以下のような工期が想定されます:

張り替え範囲 概算工期
1〜3坪程度 1〜2日
5〜10坪程度 2〜4日
10〜20坪程度 4〜7日

ただし、これらは目安であり、実際の工期は現場の状況によって大きく異なる場合があります。

まとめ

屋根の部分張り替えは、全面張り替えに比べてコスト削減や工期短縮のメリットがある一方で、既存の屋根材との相性や雨漏りリスクなどの注意点もあります。
部分的な損傷や予算の制約がある場合に適しており、適切な判断と施工が重要です。
優良な業者選びでは、資格や実績の確認、見積もり内容の精査が欠かせません。
施工後は定期的な点検とメンテナンスが必要です。
屋根の状態や予算、緊急性を考慮し、専門家に相談しながら最適な選択をすることで安全で快適な住環境を維持できるでしょう。

屋根無料見積.comへの無料相談、見積もりお申込みはコチラ
お住まいの地域によって対応できない場合もございます。