屋根専門家による屋根相談サービス

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0120-7109-88
HOME > 屋根相談はコチラ

無料屋根相談について

無料屋根相談:屋根工事35年の専門家が中立の立場でお手伝いします
 屋根相談電話は、0120-7109-88へ
電話相談は(平日9時~18時、土曜9時~15時)の間で受けつけています。

屋根について、こんな悩みありませんか?

  • ●屋根業者について。
  •  業者によって言う事がバラバラ。何が正しいの?
  •  提案内容が正しいのか? 素人だから分からない。
  •  ガルバリウム専門業者は少ないって言うけど、この業者で大丈夫かしら?
  •  屋根を見に来た業者、どうも屋根業者じゃ無いみたいなんだけど。

  • ●工事方法について。
  •  屋根を軽くしたいけどカバー工法で大丈夫?
  •  屋根に上がって見てもいないのに、カバー工法で大丈夫って言うんだけど。
  •  工事後直ぐに雨漏り、何度修理しても直らない。
  •  とにかく屋根の専門家に相談したい!

  • ●見積書について。
  •  見積書に一式とあるだけで内容が分からない。
  •  見積書が大雑把すぎる! 内容が良く分からないし説明も無い。
  •  この工事でこの金額、妥当ですか? (⇒見積チェックサービスをご利用下さい

「屋根専門」と書いてあった所に、とりあえず電話してみたけど・・・
・自社に都合の良い話ばかりで悩みを解決できない?
・詳しい事は分からないと言われた。専門では無い感じだった。 「屋根専門」と書いてあった所に、とりあえず電話してみたけど・・・

このような場合は、屋根無料見積.comへご相談ください。


日本屋根業者サポート協会の専門家が中立の立場でお手伝いします。お気軽に屋根相談してください。


ガルバリウム屋根の専門業者が、とても少ない。

【実際の相談例】
ご主人がホームページを捜して見つけ、ここなら間違いないと思った屋根業者。

屋根専門・熟練職人・本物の屋根工事・施工件数●●件以上!
などとホームページに書かれていて、きちんとした資格?も持っていたのでガルバリウム鋼板への葺き替え工事を安心して頼んだそうですが・・・

屋根工事が、酷過ぎるので見てもらえますか?
という相談を受けました。
取り付けた役物が全て波打っていて中が見える状態だったので業者に聞いたところ・・・
「他にやりようが無い、これでいいんだ!」と言われたそうです。

費用も高く、工事もいい加減なので途中で工事を止めてもらいたいと思い、消費者センターにも電話したが、契約解除は無理だと言われたそうです。

お客様からの工事依頼を多く受けたいと考え、「屋根専門!」などとホームページに記載している業者も多く見られますが、その中には屋根以外が本業の業者も多く見受けられます。
今回の業者は屋根業者ではありましたが、ガルバリウム鋼板などの金属屋根については素人。
持っていた資格もガルバリウム鋼板とは無縁の物でしたが、お客様には分からなかったようです。

この業者、自分が専門にする屋根材限定で依頼を受けていれば何の問題も起こらなかったのかもしれませんが、現在はガルバリウム鋼板が主流になっているため、このような専門外の屋根材を工事する屋根業者が多く参入しています。
低品質な工事でお客様へ不利益をもたらす業者も悪徳業者と呼べると思いますが、「屋根専門」や「本物の屋根工事」などと書いてあってもご注意下さい
きちんとした工事を行っているガルバリウム鋼板屋根の専門業者は業界に1割程度しかいません


カバー工法は地震対策として適切な方法か?

地震対策として屋根を軽量化したいが、どの業者もカバー工法で大丈夫と言う。

カバー工法を勧める業者の中には
「アスベスト処理する資格を持っていないから」
「葺き替えに比べて費用が安いぶん契約しやすいから」
という理由でカバー工法しか勧めない業者も多くいます。

カバー工法の工事法として、コロニアルにガルバリウム鋼板を重ね葺きする事が一般的です。
ですが、軽そうに見えるコロニアルも本体の重さは、1坪(3.3㎡)あたり68kg、ガルバリウム鋼板は20kg弱。
屋根の重さは、
葺き替えだと1坪あたり、20kg程度軽くなりますが、
カバー工法だと90kg程度と重くなるため、屋根の軽量化を考えると地震対策としては適さない工事方法と言えます。
また、カバー工法は工事後の雨漏りトラブルなどで再葺き替えが必要になると、二重になった屋根の撤去や廃棄で多額の費用が掛かるというデメリットもあります。


屋根に上がりもしないで「カバー工法で大丈夫!」と言う。

カバー工法は、下地(野地板)が傷んでいない場合に可能な工事方法です。
そのため下地が傷んでいるかどうか?を適格に診断する必要がありますが、屋根に上がることもなく「カバー工法で大丈夫!」と勧めるような業者に依頼するのは危険です。
なぜなら、下地が傷んだまま施工してしまうと屋根材を止めるネジやクギが抜けてしまい、強風で屋根材が飛び散る可能性があるからです。

屋根カバー工法の台風・強風で飛んだ被害写真の説明:風速50mにも耐えると言われ、カバー工法したが、2年前に続き今年の台風でも屋根の半分が飛んだ。
業者から自然災害だからしょうがないと言われ保証してもらえない
強風に耐える屋根にしたいとご相談頂いた例。2019年は何件もの被害写真をお送り頂きました。


トタン屋根(縦葺)から横葺ガルバリウムへの変更。大丈夫?

縦葺き(トタン瓦棒=桟葺き)は屋根勾配が緩い場合が多く、適正勾配2.5寸以上でないと施工出来ない横葺きタイプのガルバリウム鋼板やコロニアルへ変更すると、必ず雨漏りしますので業者から大丈夫と勧められても依頼してはいけません。


屋根の雨漏り修理、コーキングで直ると言われたが?

そもそも、屋根材毎のきちんとした工事方法を知らないのに「屋根修理●●円」等と記載し、コーキング(シリコン)を使った安易な修理しか出来ない業者もいます。
コーキングコーキング修理により、室内への雨漏りが止まったように思えても、実際には止まっておらず、気づいた頃には下地を腐らせ、葺き替え時期が早まるなど多額の出費につながる例も多くあるので注意が必要です。


見積書にある「一式」、内容がぜんぜん分からない。

見積書を見れば、どのような工事内容で、どこにどれだけの費用が掛かるのかが判ります。
ですが一式だけでは、内容に見合った費用であるか判断することも出来ません。

右写真の見積書は、実際にお客様からご相談頂いた内容です。
屋根工事見積書の内容内容は、コロニアル屋根へのカバー工法。

<屋根上葺き工事>⇒カバー工法とは、今のコロニアル屋根にガルバリウム鋼板屋根を重ね葺きする工事方法です。
この業者が提出した見積書には一式と書かれている部分が多く、その内容については何の説明もしてもらえなかったそうです。
また、「こちらのサイトにある施工例を見て、自分の家より屋根の㎡が多いのに金額が安いので単価が高いのでは?と感じた」とのこと。

【返信内容】:防水シートはタイプにより金額が異なりますので何とも言えませんが、屋根材本体は倍近い費用になっています。
役物については、それぞれの部材により費用が異なりますし、数量も記載して計算する必要がありますので一式と記載していることが理解できません。
雨樋については、項目を細かく記載できない分、内訳を別途記載されているのであれば理解できますが、これについても細かな説明をお客様が受けている場合に限られると思います。
とお答えさせて頂きました。(見積書の確認ポイントはコチラをご覧ください)


他業者が工事したガルバリウム鋼板屋根、2回目の葺き替え。
ガルバリウム屋根にしたら雨漏り
ガルバリウム鋼板に葺き替えたら雨漏り。
工事した業者が修理しても直らず、さらに悪化して下地まで腐食。
もう一度葺き替え直したいと連絡頂いた例。

屋根業者のホームページから優良業者を見つけるのが難しい理由
現在、多くの屋根業者さんがホームページを持つようになりました。
屋根業者さんのホームページには、どこも「屋根専門」「安心施工・低価格」と書かれています。
しかし事実と異なる情報をホームページに掲載している屋根業者さんが多く見受けられます。(もちろん、きちんと事実を伴う内容を掲載している業者さんもいらっしゃいますが)
最近では、屋根とは無縁の業者も屋根業者を装い、屋根業者としてホームページを作り、お客様から多くの依頼を受けているケースもあります。 (ホームページの見た目だけでは本業の屋根専門業者との判別がつきません。)
その反面、本物の専門業者ほど、ホームページを持っていない事も多いのです。
これらの理由から、屋根業者さんのホームページから優良業者を見つけ出すのは困難であり、工事内容の違いを知る事が出来ないため工事金額で比べがちですが、これが施工トラブルの増える原因になっているのです。


屋根相談例。

当サイトへの相談例。

●ある相談機関からの屋根相談。(相談機関からの要望により具体的な名称は掲載しておりません)
相談機関の担当者談:この業者は信用出来ない。 いい加減な業者であり、お客様が望まれるのであれば直ぐクーリングオフすることを勧めるのだが・・・続きはコチラ

●ある相談機関からの屋根相談。(相談機関からの要望により具体的な名称は掲載しておりません)
相談機関の担当者談:「屋根についている釘が曲がっているので直した方が良いですよ!」 と業者が訪れ、屋根に上がって傷んだ部分を録画しテレビ画面で見せられたそうです。続きはコチラ

●電話をして来てもらった大手A建築会社。
屋根にも上がらず、見積書もないまま高額な契約をさせられた。
外壁の異常は屋根からの雨漏りが原因!と言われ・・・続きはコチラ



見積チェック→屋根相談→屋根工事をご依頼頂いた例。


見積チェックでお電話したのが最初で、その時ご親切に詳しくお話し下さり、とても良心的という印象を持ちました。
その後、業者を探す努力はしたものの見つからず、途方に暮れる毎日。

そんな時、屋根無料見積.comさんが気に掛かっていたので恐る恐る電話をしました。
色々とお話をしているうちに、こちらの希望を察して下さり、今回の屋根屋さんに連絡を取って下さいました。< お客様の声、続きはこちらへ ><施工例はこちら


専門業者のご紹介も可能です。

工事を依頼したいが良い業者を探せないという方へは日本屋根業者サポート協会に加盟する専門業者を紹介させて頂くことも可能です。
ガルバリウム鋼板においては本物の専門業者は業界の1割程度と言われているため、良い業者を自分で捜すのはとても困難です。
業者捜しでお悩みの場合は屋根無料見積.comへご連絡ください、屋根材ごとの専門業者が担当させていただきます。


屋根相談を頂いた埼玉県市役所
埼玉県〇〇市役所からご紹介頂いたお客様宅のトタン屋根修理。

東京都の社会福祉法人から頂いた屋根工事例
東京都の社会福祉法人様からご依頼頂いた屋根カバー工法と破風板板金工事例。

神奈川県の市役所から補助を受けての屋根修理例
神奈川県〇〇市役所からの依頼、補助を受けての屋根修理例。


屋根についてのご相談は下記へ。
屋根工事のプロが中立の立場でお手伝いさせて頂きます。

お気軽にご相談ください。


屋根無料見積.comを利用したお客様の声

屋根無料見積.comに依頼した理由

屋根材別の施工価格

屋根工事見積書チェックサービス
見積が高過ぎない?逆に安過ぎて不安!という場合のチェックサービス。

屋根相談はコチラ

 

   区切り線

屋根無料見積.com

屋根工事の見積依頼は無料見積.com
地元の信頼できる工事業者様をご紹介致します

運営責任者 市川清信
屋根工事、見積に35年・5,000件以上の経験を持ち、屋根工事の裏側を全て知り尽くしたプロが中立の立場でお手伝いします。
電話対応も専門家が致します。
[建築関連業者様へは対応しておりません]

日本屋根業者サポート協会
屋根無料見積.comのミッション
サイト運営会社
お問い合わせ

地震・台風に強いやねへの葺き替え工事
への葺き替えならyanemitumori.com


 

Copyright(C) 屋根無料見積.com All Rights Reserved.