屋根葺き替えのメリット・デメリット、葺き替えで注意すべき点

屋根葺き替えとカバー工法、工事方法の違い。

屋根葺き替えの工事工程
屋根葺き替えの工程写真
屋根葺き替えは、まず古い屋根を剥がして廃棄します。
屋根を剥がすと下地(野地板)がありますが、その上に新しい下地を増し張り、または張り替えて補強します。
新しい下地の上に防水シート(ルーフィング)を施工し、新しい屋根材を取り付ける工事方法です。

屋根カバー工法の工事工程
屋根カバー工法の工程写真
屋根カバー工法は、古い屋根を残したまま上に防水シート(ルーフィング)を施工し、新しい屋根材を取り付ける工事方法です。屋根葺き替えと比べて2工程少なくなります。

屋根葺き替えした方が良い状況とは?

1:屋根が傷んでいる場合。

1-1:屋根本体の痛み。

屋根本体の痛みと屋根葺き替え
①:瓦屋根はカバー工法が出来ないため施工法は屋根葺き替えのみになります。
②:スレート屋根は、施工法として葺き替えとカバー工法の2種類が選択可能ですが、屋根表面の凸凹が酷い場合、カバー工法だと新しい屋根にも影響してしまう可能性があります。

1-2:下地(野地板)の腐り、強度不足。

屋根下地が傷んで屋根葺き替え
下地が腐っていたり、下地強度が弱くなっている屋根の場合は葺き替えしかできません。
下地が傷んだ屋根にカバー工法すると屋根材を固定する釘やネジの引き抜き強度が低下しているため台風や強風で屋根が剥がれる可能性が高くなります。

下地が合板の場合は、腐っていなくても「老ける=脆くなる」という現象も起こります。(合板は、薄い板を張り合わせ1枚の板になっていますが接着強度が低下するとバラバラに剥がれてしまいます)

1-3:ガルバリウムに屋根を葺き替えて雨漏りした場合。

ガルバリウムへの屋根葺き替えで雨漏りトラブル
瓦屋根やスレート屋根をガルバリウム鋼鈑屋根に葺き替えていたり、カバー工法した屋根が雨漏りしている場合。
原因は工事内容の問題なので修理で直ることはありません、一度剥がして屋根の再葺き替えが必要があります。(下地が腐っていなければ再カバー工法が可能な場合もあります)

2:勾配に適さない屋根が施工されている場合。

スレートに屋根葺き替えしたら雨漏り
屋根材には施工して良い屋根勾配が決められています。
勾配に合わない屋根材が取り付けられている場合は雨漏りしている事が多く、勾配に適した屋根材への葺き替えが必要です。

屋根勾配を計る計測器瓦屋根では勾配問題は殆どありませんが、スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)、横葺きタイプの亜鉛メッキ鋼鈑やガルバリウム鋼板屋根の場合。
適正勾配を守らず施工された屋根の殆どが雨漏しています。
横葺きタイプの屋根を施工するには2.5寸以上の屋根勾配が必要です。

3:屋根を軽くしたい場合。

地震対策として屋根を軽くしたい場合に適した施工法は屋根葺き替えです。
まず現在の屋根がどれ位の重さがあるのか説明します。
ガルバリウム鋼板と瓦の屋根重量の違い
【屋根材別の重さ(1坪=3.3㎡)】
・瓦屋根の重さは、1坪で165kg。
・スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)は、1坪で68kg。
・ガルバリウム鋼板は、1坪で16.5kg。(横葺き断熱材付きタイプの場合)

屋根葺き替えでの屋根の重量変化(屋根面積80㎡と仮定した場合) 
瓦屋根を ⇒スレート屋根  4,000kg → 1,650kg 
瓦屋根を ⇒ガルバリウム鋼板  4,000kg →  400kg
スレート屋根を ⇒ガルバリウム鋼板  1,650kg →  400kg

瓦屋根の重量変化。
瓦屋根をスレート屋根に葺き替えると重さは1/2以下になり、ガルバリウム鋼鈑では約1/10へと軽くなります。

スレート屋根の重量変化。
スレート屋根をガルバリウム鋼鈑に屋根を葺き替えると屋根の重さが1/4になります。
因みにカバー工法した場合は、現在の約1.2倍に重くなります。
スレート屋根は、瓦屋根ほど重い屋根ではありませんが、築年数が経過するに従い家の躯体強度も下がるため地震対策としてカバー工法より屋根葺き替えを希望されるお客様もいらっしゃいます。

屋根が軽くなると家全体の重心が低くなり地震による揺れを軽減できるため振り子現象による家屋倒壊リスクを軽減できます。

4:ソーラー(太陽光発電)を取り付けたい場合。

ソーラー付ける場合の屋根工事方法は屋根葺き替え
ソーラーシステムは、カバー工法で施工された屋根には取り付けできない場合もあります。
取り付け前に予め屋根を綺麗にしておこうなどと考えると後悔することもありますので事前に確認しておきましょう。

屋根葺き替えのメリット・デメリット

メリット
屋根を軽くできます。
(瓦屋根やスレートなど、屋根が傷んでいなくても地震対策での屋根葺き替え例が増えています)
雨漏りなど根本的な原因を解決できます。
好みの屋根材への変更も可能です。(屋根重量や屋根勾配による制約あり)

デメリット
古い屋根材の撤去・廃棄・下地工事が必要な分、カバー工法に比べ工事費用は高くなります。
工事工程が増える分、カバー工法に比べ工期が少し長くなります。
屋根葺き替え費用についてはコチラをご覧ください。

【動画で説明】屋根葺き替えのメリット・デメリットと工事の方法。

<屋根葺き替えの関連情報>
屋根の葺き替えについての良くある質問FAQはコチラ
屋根葺き替え費用についてはコチラ
屋根カバー工法(重ね葺き)のメリット・デメリットについてはコチラ

屋根葺き替えは、屋根勾配が非常に重要です。

どんな屋根に葺き替え可能か?
それは、屋根勾配で決まります。

大きく分けると屋根勾配が
Point1 2.5寸~3寸以上あるか?(勾配角度14°~16.69°以上) 
Point2 2.5寸以下なのか?(勾配角度14°以下)

勾配によって、施工可能な屋根材が限定されます。

屋根勾配に適した屋根材への葺き替えは、
工事後に雨漏りトラブルが起こるかどうかの分岐点になるので非常に重要です。
ご注意下さい。

屋根材には、瓦・スレート(コロニアル)・金属屋根(ガルバリウム鋼板など)の3種類ありますが、葺き替え可能な屋根材は下画像の3パターンに限定されます。
屋根勾配の影響受ける屋根葺き替えて良い屋根・悪い屋根

1:瓦の屋根葺き替え事例(屋根勾配の問題なし)

<屋根勾配の制限なし>
瓦は勾配3寸以上の屋根に施工されているため屋根勾配の問題はありません。

瓦屋根を →ガルバリウム鋼板(金属屋根)・スレート屋根・瓦屋根へ

1-1:瓦屋根 ⇒ガルバリウム鋼板屋根へ

瓦からガルバリウム鋼板への屋根葺き替え事例
地震対策で瓦屋根をガルバリウム鋼鈑屋根へ。
土葺き瓦の総重量15トン⇒約1トンに軽量化。屋根工事例へ

1-2:瓦屋根 ⇒スレート屋根へ

瓦からスレートへの屋根葺き替え事例
地震で崩れ強風で飛ばされた瓦屋根をカラーベスト・コロニアルへ。屋根工事例へ

1-3:瓦屋根 ⇒瓦屋根へ

瓦から瓦への屋根葺き替え事例
瓦屋根の地震対策、防災瓦へ。
防災瓦に葺き替えて棟部は地震・耐風対策として棟補強金具取り付け。この施工例へ

スレートの屋根葺き替え事例(屋根勾配に注意)

<屋根勾配2.5寸以下は施工不可の屋根材あり>
スレート屋根(カラーベスト・コロニアル)は規準勾配2.5以上から施工可能になっていますが、規準勾配以下に施工されたスレート屋根もあるため注意が必要です。
スレート屋根の葺き替えをする場合は、工事後の雨漏りを防ぐため勾配を確認して下さい。

スレート屋根を →スレート、またはガルバリウム鋼板(金属屋根)へ。

2-1:スレート屋根 ⇒ガルバリウム鋼鈑(横葺きタイプ)へ

スレートからガルバリウム鋼板横葺きへの屋根葺き替え事例
屋根重量を考えガルバリウム鋼鈑へ。
近所の業者にカバー工法を勧められているが屋根葺き替えに変更。屋根工事例へ

2-2:スレート屋根 ⇒ガルバリウム鋼鈑(縦葺きタイプ)へ

スレートからガルバリウム鋼板縦葺きへの屋根葺き替え事例
屋根勾配の問題で縦葺きガルバリウム鋼鈑へ。
施工してはダメなスレート屋根が施工されていたが、また施工してはダメな横葺き屋根を勧められた。
屋根勾配、2.5寸勾配以下に該当(実質勾配2寸) 屋根工事例へ

3:ガルバリウム鋼鈑の屋根葺き替え事例(屋根勾配に注意)

<屋根勾配2.5寸以下は縦葺きタイプのみ施工可能>
ガルバリウム鋼鈑は横葺き・縦葺きタイプで施工可能な規準勾配に違いがあります。
横葺きタイプは、2.5寸という規準勾配以下の屋根に施工されてしまうと雨漏りして再葺き替えが必要になります。

ガルバリウム鋼板(金属屋根)を →ガルバリウム鋼板へ。

3-1:雨漏りトラブル。⇒横葺きを縦葺きタイプに再葺き替え

ガルバリウム鋼板横葺きから縦葺きへの屋根葺き替え再工事例
トタン屋根を横葺きタイプにしたら雨漏り。工事したリフォーム業者に屋根塗装すれば直ると言われ塗装したが直らないので専門業者に見てもらいたい。
屋根勾配、2.5寸勾配以下に該当(実質勾配2寸) 屋根工事例へ

3-2:雨漏りトラブル。⇒横葺きタイプの再葺き替え

ガルバリウム鋼板横葺きから横葺きへの屋根葺き替え再工事例
瓦をガルバリウム鋼鈑に屋根葺き替えしたら直ぐに雨漏り。工事した業者が何度修理しても直らない。屋根工事例へ

それぞれの屋根材についての説明ページへ移動します。
瓦屋根の説明ページへ カラーベスト・コロニアルの説明ページへ トタン・金属屋根の説明ページへ

屋根葺き替えで注意すべきこと。

事前調査が重要です。
下地(野地板)の痛みをきちんと見極められる業者に依頼しましょう。
下地が弱っているにも関わらずカバー工法してしまうと、屋根を固定するネジや釘が効かなくなり強風で屋根が剥がれ飛んでしまい多額の修理費用が掛かります。

屋根形状・屋根勾配にご注意。
屋根が複雑な形状をしていたり、屋根勾配に適さない屋根材選びは工事後に雨漏りする原因です。
葺き替えには適切な屋根材と工事方法の選択が必要で、これを考えずに工事されてしまうと再葺き替えや定期的なメンテナンスが必要になるので注意しましょう。

正しい工事方法を守る事が重要です。
メーカーで決められた工事方法を守っていなかったり、独自の方法で工事されてしまうと確実に雨漏りするだけでなくメーカー保証が受けられません。

適切な施工法を選ぶことが大切です。
・カバー工法だと古い屋根と防水シート(ルーフィング)が二重になって残るので「雨漏りしにくい」とカバー工法を勧められるお客様が多くいますが、「雨漏りしくにく」のではなく「雨漏りしても気付きにく」が実状です。
雨漏りと気付いた時には下地板まで腐っている事が多く、下地からの取り換えが必要になるので多額の費用が掛かります。
適切なリフォーム方法が何かという視点で施工法を選ぶことが大切です。

・「技術が未熟で屋根葺き替え工事が出来ない」 または「 アスベストが入った屋根材を処理する資格が無い」 という理由で、下地が傷んでいるにも関わらずカバー工法を勧められることがあるので注意が必要です。
わずか数年で再工事になる例も多く起きています。
「カバー工法は適切な施工法だったか?」は、コチラ

屋根葺き替えは屋根材毎の専門業者へ。
屋根には瓦・スレート(カラーベスト・コロニアル)、トタンなどがありますが、ガルバリウム鋼鈑屋根の種類は100以上あり、それぞれの屋根材毎に専門業者がいます。
一社で全ての屋根材を扱う事は不可能で、それぞれに得手不得手があります。
不慣れな屋根材を施工したことでの雨漏り事例も増えていますので、ご希望の屋根材がある場合は、その屋根材を専門にしている業者に依頼するようにしましょう。

はじめて屋根を葺き替える時に大切なことについてはコチラ

屋根葺き替えでの雨漏りトラブル相談例

相談内容:「トタンをスレートに屋根葺き替えしたら雨漏りするようになった」
「コストを抑えながら、あと20年は持たせたい」とご相談頂きました。

【葺き替えて良い・悪い屋根】の勾配2.5寸以下に該当。

【元々の屋根は、1.5寸勾配のトタン屋根
トタン屋根をコロニアルへ葺き替え、雨漏りで腐った野地板
(スレート屋根を剥がしてみると野地板がボロボロに腐っていました)

【問題解決までの道程】
屋根の雨漏り原因。
近所の工務店に依頼し「トタンをスレートに屋根葺き替えた」
(スレートは屋根勾配の問題で施工不可の屋根材でした)
結果:雨漏り
雨漏りを直すため、リフォーム業者に電話した。
リフォーム業者から「横葺きガルバリウム鋼板でのカバー工法を勧められた」
(横葺きガルバリウム鋼板は屋根勾配の問題で施工不可の屋根材でした)
屋根無料見積.comの説明を読んでリフォーム業者の提案内容に疑問を感じた
屋根無料見積.comに電話で相談。
この屋根に 唯一施工可能な 縦葺きガルバリウム鋼板をお勧めして屋根葺き替え。
結果:雨漏り原因が解消されました。
スレート屋根の下にあったトタン屋根の腐食 →屋根葺き替え完成写真。
屋根勾配に適した屋根材への屋根葺き替え事例
【屋根が腐った原因】
元のスレート屋根は、屋根と屋根の重なり部分から雨水が入り込み下地板(野地板)がボロボロに腐っていました。
腐った下地板を剥がしてみると、その下にはトタン屋根が残っていてトタン屋根だけでなく、さらにその下に元々あった下地板まで腐っていました。
【お客様の感想】
工務店もリフォーム業者の提案も思ったのと違ったというお客様。
■「きちんとした業者が少ない事が本当に分かった。」
■「初めから頼んでいれば余計なお金を使わずに済んだのに・・・」
と言っていらっしゃいましたが、屋根勾配や屋根の痛みを的確に診断し適切な施工法を提案することが非常に重要です。

屋根葺き替え後に修理が必要になり数10万、再葺き替えで100万円以上のお金が無駄になるケースも多く発生しています。
たとえ見積額が10万・20万円安かったとしても、「きちんとした技術を持つ業者か?」「適切な工事方法を提案しているか?」を見極めることが重要です。

ガルバリウム鋼鈑屋根の雨漏りトラブル事例へ


『ガルバリウム鋼板屋根、雨漏りトラブルが増えている原因』
ガルバリウム鋼板屋根は、もともと金属屋根職人が専門的に行っていた工事です。
しかし、地震による影響から屋根の軽量化=ガルバリウム鋼板の需要が急増したことで、今まで金属屋根をやったことのない屋根業者や屋根以外の業者が多く参入、これが施工トラブルが激増する原因になっています。

圧倒的な差が出るガルバリウムの役物工事
屋根葺き替えで重要な役物工事ヵ所
↓
役物は非常に雨漏りし易く、工事内容の差が屋根寿命に影響を与える重要な工事です。
屋根葺き替え雨漏りし易い部分

金属屋根は非常に専門性が高く、他のリフォーム工事と同じように考えることは出来ません。
きちんとした金属屋根の施工法を知らない業者を紹介された結果、工事直後~10年未満で再葺き替えが必要になるなどのトラブルが全国で激増、本物の専門業者は業界に1割程度しかいないと言われているため業者選びは非常に重要です。

屋根無料見積.comなら適切な業者選びが可能です。
屋根業者サポート協会に加盟する、お客様の御要望に柔軟に対処できる技術・経験を持ち合わせた屋根材ごとのスペシャリストが対応させて頂きます。

「どんな屋根にすれば良いか分からない」
「どんな屋根に変更できるか分からない」
というお客様は、サイト管理人へ電話で直接お問い合わせ頂くことも可能です。
屋根の状況やお客様の考え・悩みを元に適切な屋根材をアドバイスさせて頂きます。

また「葺き替えたい屋根材が既に決まっている」というお客様には、
その屋根材に対して経験豊富な屋根業者さんをご紹介させて頂きます。
 「候補が二つあり悩んでいる」という場合は、どちらの屋根材も扱う業者をご紹介します。

屋根葺き替え・屋根張り替えで困ったら、当サイトへ。
様々な屋根材を扱う業者が加盟しているため適切な業者選びが可能です。
屋根無料見積の申し込みはコチラをクリック