藤沢市でのスレートからガルバリウム鋼板へのカバー工法

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0120-7109-88
HOME > 屋根施工例 > 屋根工事例281

屋根塗装で雨漏り、ガルバリウム鋼板でのカバー工法 藤沢市

藤沢市でのスレート屋根カバー工法before&after写真
昨日の雨で雨漏りしました。築40年木造家屋二階建て、屋根はスレートです。
二階の大屋根が原因で、1-2階の階段天井から雨漏りしてます。
近所の業者に来てもらったところ下地がぶよぶよで葺き替えなければといわれました。
また、屋根の傾斜も一般家屋より緩いようです。
予算もないので雨漏り修理・葺き替え含めて何が適切か診断してもらいと、ご依頼頂きました。


屋根塗装して直ぐに雨漏りしたスレート屋根の葺き替え
屋根塗装後すぐに雨漏り、天井板にも数カ所ふくれが見られたので屋根を工事するまでの間、ブルーシートをかけて養生しておきました。
下地の状態は、近所の業者から指摘されたのと違い、まだしっかりしていたため粘着タイプのゴムアスルーフィングを貼ってからガルバリウム鋼板でカバー工法して換気棟も新設しました。
スレート屋根を施工するには勾配の緩く、屋根塗装によりさらに雨漏りし易くなる状態でしたが、ガルバリウム鋼板の横葺きは2.5寸勾配以上から施工できるため横暖ルーフで施工し換気棟も取り付けました。


新築時の欠陥屋根工事も雨漏りの原因

スレート屋根、壁際部分の手抜き工事
■雨押え(1階屋根と2階外壁との接続部分)が、どうしてグニャグニャになっているのか?
■雨押えは、横から釘を打って中の貫板に固定するものですが、どうして上側にも釘が打たれているのか?

スレート屋根雨押え部分の構造。雨押えを持ち上げてみて初めて、その原因が分かりました!
何と、雨押えの下(中)に絶対になければならない貫板(ヌキ板)が無かったのです。
新築時の工事はひどい欠陥工事であり、雨漏りの原因は屋根塗装以外にもあるようなので屋根と外壁、サッシ廻りも含め放水試験をして確認しました。


1階スレート屋根から横暖ルーフへの工事写真
1階部分の壁際は、既存雨押えを取り外した後、以前のように屋根材の上に抜き板を取り付ける工事方法ではなく、先に桟木を壁際部分に取り付けてから雨水が入らないよう本体を立ち上げ加工し、新しい雨押えを正しい工法で取り付けました。

屋根面積120㎡ 工事金額合計151万円(1階トタン屋根修理、雨漏り養生費、屋根・外壁放水調査含む)

 

藤沢市のスレート屋根葺き替えなら屋根無料見積.com
藤沢市の屋根葺き替えの見積りお申込みはこちらをクリック

藤沢市の屋根リフォーム工事はフリーダイヤルへ

 

 

屋根材別の施工価格

屋根工事見積書チェックサービス
見積が高過ぎない?逆に安過ぎて不安!という場合のチェックサービス。

屋根相談はコチラ

 

   区切り線

屋根無料見積.com

屋根工事の見積依頼は無料見積.com
地元の信頼できる工事業者様をご紹介致します

運営責任者 市川清信
屋根工事、見積に35年・5,000件以上の経験を持ち、屋根工事の裏側を全て知り尽くしたプロが中立の立場でお手伝いします。
電話対応も専門家が致します。
[建築関連業者様へは対応しておりません]

日本屋根業者サポート協会
屋根無料見積.comのミッション
サイト運営会社
お問い合わせ

地震・台風に強いやねへの葺き替え工事
への葺き替えならyanemitumori.com


 

 
Copyright(C) 屋根無料見積.com All Rights Reserved.