横浜市西区でのスレートから縦葺きガルバリウム鋼板葺き替え

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0120-7109-88
HOME > 屋根施工例 > 屋根工事例280

屋根勾配に不適な屋根を勧められて雨漏り。 横浜市西区

横浜市西区でのカラーベストからたてひらへの屋根葺き替えリフォームbefore&after写真
賃貸している築43年の木造2階建ての屋根、先週借主から雨漏りの連絡がありました。
20年前にトタンからスレートに変えましたが、勾配が緩いのでスレートではダメだったようです。
コストは抑えながらも20年は持たせたいです。と見積をお申込み頂きました。


屋根表面の傷み

カラーベスト屋根の雨漏り原因
スレート屋根の浮き、ひび割れ、上裏に出た症状などから判断した結果、当サイト担当業者さんがお勧めした工事方法は、縦葺きガルバリウム鋼板での葺き替え一択。
他業者からは、カバー工法や横葺きガルバリウム鋼板での葺き替えを勧められたようですが、当サイト業者さんにご依頼頂きました。


屋根内部の痛み

手抜き工事で腐ったカラーベスト屋根
1:雨漏りしていた部分は工事に掛かるまでの間、粘着タイプの防水シートで養生しておきました。
2:屋根材裏面に発生していた白カビ。
3:屋根材を固定する釘には使用してはいけない普通の釘が使われ、防水シートは17kgの薄い物が使われていました。
4:ケラバ部分の捨板内部に打たれた釘。雨漏りの原因になります。
5:反対側の捨板も、固定するため内部に釘が打たれ、屋根材を固定する釘も捨板部分を貫通。
さらに捨板は頂上部分まで達しておらず寸足らずの状態でした。
6:スレートと防水シートを剥がすと、下から現れたのは腐ったベニヤ板
スレート屋根の浮きは、これが原因です。


スレート屋根の下には、トタン屋根もありました。

矢印
腐ったベニヤ板の下には、トタン屋根。

トタン屋根の下にある下地も腐っていました。

二重になった屋根の下地までボロボロに腐り
スレート屋根の下が、どんな状態になっているか?は、屋根表面やその周りにどんな症状が表れているかや屋根の上を歩いた感触なども含め判断することが必要ですが、きちんと判断できる業者はとても少ないです。
このようにスレート屋根の下地が腐り、その下にあったトタンん屋根の下までボロボロに腐った状態を見て頂くと、他業者が勧めたカバー工法がいかにいい加減な工事方法だったのかが分かると思います。
また、横葺きのガルバリウム鋼板で葺き替えた場合も同じで、勾配が緩い屋根に施工出来ない屋根を載せてしまうと今までと同じように雨漏りしてしまうと想像できるのではないでしょうか?


スタンビーでの屋根葺き替え工事
腐った軒先部分の広小舞も腐っていたので新しい木材に取り換えてから野地板を増し張り、粘着タイプのゴムアスルーフィングを施工。
軒先スターター(唐草)を取り付け、屋根材はたてひら葺きのスタンビーで葺き替えました。


屋根面積42㎡ 工事金額合計74万円(二重屋根撤去・廃棄、駐車場代含む)

 

横浜市西区でのスレート屋根葺き替えなら屋根無料見積.com
横浜市の屋根葺き替えの見積りお申込みはこちらをクリック

横浜市の屋根リフォーム工事はフリーダイヤルへ

 

 

屋根材別の施工価格

屋根工事見積書チェックサービス
見積が高過ぎない?逆に安過ぎて不安!という場合のチェックサービス。

屋根相談はコチラ

 

   区切り線

屋根無料見積.com

屋根工事の見積依頼は無料見積.com
地元の信頼できる工事業者様をご紹介致します

運営責任者 市川清信
屋根工事、見積に35年・5,000件以上の経験を持ち、屋根工事の裏側を全て知り尽くしたプロが中立の立場でお手伝いします。
電話対応も専門家が致します。
[建築関連業者様へは対応しておりません]

日本屋根業者サポート協会
屋根無料見積.comのミッション
サイト運営会社
お問い合わせ

地震・台風に強いやねへの葺き替え工事
への葺き替えならyanemitumori.com


 

 
Copyright(C) 屋根無料見積.com All Rights Reserved.