屋根葺き替え見積書のチェックポイントについて

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0120-7109-88
HOME > 見積書のチェックポイント
屋根工事見積もり書のチェックポイントスマホ対応画像

見積書のチェックポイント

見積書で確認すべきポイント

ご自宅に屋根工事業者を呼び、詳細なヒアリングと屋根の現地調査の後、正式な見積書が出ます。

この見積書ですが、総額いくらとうことだけしかチェックしない方が少なくありません。
正式な見積書を出してもらったら、最低でも下記のチェックをすることが大切です。

一式と記載されていたら。


いい加減な屋根見積書
見積書の中に、「一式」という表現があったらチェックが必要です。
見積は、きちんとした価格の理由があって作成されています。
よって、「一式」という表現があった場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」と屋根工事業者に言って、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。

上記は実際にお客様からご相談頂いた例です。
工事内容によっては一式と記載せざるを得ない場合もありますが、この例は全て一式と記載されていて屋根面積や役物の長さなど書かれていて当たり前の数値すら書かれていないため、お客様では安いか高いかの判断も出来ないでしょう。
記載された単価から屋根面積を推測すると本体施工価格は倍近い価格で、木下地とコンパネ張りと記載された部分からは二重取りされていることが分かる典型的な悪質業者による見積書例です。

 

図面と提案内容を元に見積書をチェック。


見積書は、図面(現場調査)や提案内容を元に、すべての必要コストを計算して算出されます。
ですので、図面や提案内容のどの部分が、見積書のどこの項目にあたるのかをチェックしてみて下さい。

見積書と提案内容について


見積書に対する説明。

見積書を出してもらったら、必ずその見積書について直接説明を求めるようにすることが大切です。

屋根本体に加え、屋根形状が複雑になるほど割合を増す役物、それにより屋根の見積金額も増えてしまいます。
しかし、どの役物がどこに使用され、どれほど必要になるのか、そして何のために必要なのかなどきちんと説明してもらいましょう。

上記2点に注意して、きちんとした説明を受けることで、 後でこんなはずじゃなかったという後悔や、お互いの考えのずれなどを未然に防ぐことが出来ます。

屋根工事業界は、価格や相場が曖昧ではっきりしない業界です。
ですので、屋根工事業者も、曖昧なことを良しとして「あまり知識のないお客様」や「お金の取れそうなお客様」に対して、いい加減な見積書を出す屋根工事業者が存在するのも事実です。
もちろん、誠実な屋根工事業者が大半です!

そのような、悪質な屋根工事業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと業者へ伝えることが本当に重要です。


まずは、無料で屋根工事業者に相談することから始めてみませんか?
そして、良心的で適正な見積を出す屋根工事業者からの提案を受けてみませんか?
屋根無料見積.comが、あなたのお宅の屋根葺き替え計画についてサポートが出来ることを願っております。

 

屋根の葺き替えで後悔したくない方は、当サイトからの見積りと是非比較検討してみて下さい
屋根見積りのお申込みはこちらをクリック

屋根見積り、屋根業者への見積依頼はフリーダイヤルへ

 

屋根材別の施工価格

屋根工事見積書チェックサービス
見積が高過ぎない?逆に安過ぎて不安!という場合のチェックサービス。

屋根相談はコチラ

 

   区切り線

屋根無料見積.com

屋根工事の見積依頼は無料見積.com
地元の信頼できる工事業者様をご紹介致します

運営責任者 市川清信
屋根工事、見積に35年・5,000件以上の経験を持ち、屋根工事の裏側を全て知り尽くしたプロが中立の立場でお手伝いします。
電話対応も専門家が致します。
[建築関連業者様へは対応しておりません]

日本屋根業者サポート協会
屋根無料見積.comのミッション
サイト運営会社
お問い合わせ

地震・台風に強いやねへの葺き替え工事
への葺き替えならyanemitumori.com


 

 
Copyright(C) 屋根無料見積.com All Rights Reserved.