トタン屋根が雨漏り、修理の無料見積もりをお願いしたい。

ハウスメーカーとも比べてみて下さい。横浜市戸塚区

横浜市戸塚区でのトタン屋根リフォーム葺き替え工事before&after写真
お客様のご希望:トタン屋根雨漏りしており、修理の無料見積もりをお願いしたい。
お話を聞いて:トタン屋根の形状から三晃式と判断し、普通の屋根業者では対応できないことをお伝えしました。
ご主人は、費用は高くても家を建てたハウスメーカーに頼んだ方が良いのでは?と言っているとのことでしたので、ハウスメーカーからも提案・見積もりを取られるようお勧めしました。

高齢なのであまりお金を掛けたくないと希望されていて、雨漏りしている場所もお伺いしたうえで当サイト担当業者のメリット↓も一応お伝えさせて頂きました。
①ハウスメーカーと比べて費用が各段に安いこと。
②ハウスメーカーの屋根業者とは比べようもないほど高い施工技術を備えていること。
③高い施工技術で部分的な張り替え工事の提案も可能で、さらに費用を抑えることができること。
結果、当サイトの担当業者にご依頼頂きました。

現在の屋根状態。心木無しと心木有りが混在。

腐って雨漏りしたトタン屋根
腐食して穴の空いたバルコニー下の屋根。

どんな理由で2種類の異なる工事方法が混在しているのか?
部分は、心木無し瓦棒(高くなった所の内部に、タルキの入っていない三晃式)
部分は、心木有り瓦棒(高くなった所の内部に、タルキが入っている、一般的なトタン屋根)
当サイトの担当業者さんに聞いてみたところ、
部分は以前に雨漏りして、業者が三晃式から心木有り瓦棒に変更した部分だそうです。

勾配が非常に緩く雨漏りしやすい屋根構造なので、本来なら三晃式でなければなりません
しかし、業者の技術不足で心木有りにしか出来なかったとの事。
「最近はトタン屋根の工事は出来ても、三晃式が出来ない業者も多いよ」と担当業者さんは言っていました。

その他の傷み:屋根の低い所(ドブ)は、以前雨漏りした時にコーキングを広範囲に塗りたくるといった修理方法がされていましたが、バルコニー下の部分は塗装もされておらず腐食により穴が空いていました。

バルコニー下の屋根下地工事

ベランダ下部のトタン屋根葺き替え工事
腐って大きな穴の空いた屋根、剥がしてみると裏面もボロボロになっていました。
腐ってしまったのは、バルコニー下を一度も塗装しなかったことが原因ですが、今回のようにバルコニーを取り外して塗装することも可能だったのではないでしょうか?
トタン屋根だけでなく下地と、その下のタルキも腐っている所がありましたので、傷んだタルキを取り換えてから構造用合板で張り替えました。

バルコニー手前の屋根下地工事

ベランダ下部のトタン屋根葺き替え工事
下地として張られていた25mm厚の木毛板はボロボロに傷んで陥没している所もありました。
全てを剥がして下地を張り替えました。
(木毛板:暑さ対策・雨音を軽減させるため、ナショナル住宅のトタン屋根下地として使われており、体育館や工場の屋根にも多く使われている)

屋根材を現場で作成

ガルバリウムの平板からトタン屋根を加工している写真トタン屋根は、緩勾配に最適な心木無し瓦棒(三晃式)に統一。
トタン屋根は通常、あらかじめ屋根の長さに合わせて加工・切断した物を現場へ搬入するものです。
しかし今回は1枚の長さが長く、車で運搬することが不可能。
そのため現場で加工することになりました。
車の荷台に積まれた機械で化工しますが、ロール状になったガルバリウム鋼板0.4mmの一枚板を屋根の形に曲げ加工しています。

バルコニー前の屋根本体工事

バルコニー前部分のトタン屋根下地補修とトタン三晃式屋根葺き替え工事
心木無し瓦棒(三晃式)屋根の施工、最後にバルコニーを戻して完成です。

屋根面積35.3㎡ 工事金額合計75.6万円(バルコニー撤去・取り付け直し、雨樋補修含む)

実家の稼業が屋根屋さんだった

屋根工事をされたお客様からの手紙お客様の声
文字起こししたお客様の声はコチラ)
奥様は、お父様が稼業で屋根屋さんをされていらっしゃったとのことで、工事について詳しい知識をお持ちでした。

工事中はご夫婦でずっと見ていられたそうですが、仕事が早くて丁寧だと担当業者さんの良さと仕事振りをお友達に説明してくださったとのことでした。

横浜市戸塚区及び隣接地域の屋根工事例は、「横浜市の屋根リフォーム(屋根葺き替え・カバー工法・修理)工事例」に掲載しています。

 

横浜市戸塚区のトタン屋根工事なら屋根無料見積.com
横浜市戸塚区の屋根葺き替えの見積りお申込みはこちらをクリック

横浜市戸塚区の屋根リフォーム工事はフリーダイヤルへ