一部雨漏りしているのでカバー工法を考えている。

工場の営業を休むこと無く工事をしてもらいたい。横浜市港北区

横浜市の会社工場屋根カバー工法を・外壁リフォームbefore&after写真
依頼内容:築40~50年経過する大波スレート、一部雨漏りしているのでカバー工法を考えている。
建物の広さは260㎡程度、どれ位の費用が掛かるかが分からないと予算を建てられない。
クリーニング工場の屋根で営業を休むこと無く工事をしてもらいたいとお電話頂きました。

工事担当:延べ300人工に及ぶ大工事でしたが、どんな大型物件にも対応できゼネコン工事も行う基幹技能者の資格を持つ専門業者さんに担当頂きました。

工場のスレート屋根に折半屋根でカバー工法

横浜市の工場スレート屋根カバー工法、折半屋根ルーフデッキ600で重ね葺き
既存の小波スレートは流れ方向の痛みが激しかったため、直止めカバー工法から下地鉄骨を取り付け後、折半屋根のルーフデッキ600タイプ0.6mmに変更してカバー(重ね葺き)しました。
調子の悪かったルーフファン1カ所を取り換え、ダクト廻りは雨仕舞を考え構造を変更。

工場の外壁、角波鉄板工事

工場の外壁をICサイディング ハーフ380でカバー工法
外壁は鉄骨(C鋼 60×30)を取り換え・補強し下地取り付け後、樹脂桟木を取り付け透湿シートを貼ってガルバリウム鋼板0.4mmの角波鉄板(ICサイディング ハーフ380)を張りました。

サッシ・雨樋取り換え、破風・軒天板金カバー

横浜市の工場の外壁関連工事。サッシ、入り口、裏口取り換え工事
既存サッシは網入板ガラスを使ったアルミサッシに全て取り替えてから外壁張り替え。
雨樋も大型塩ビ雨樋に全て取り換え。破風板・軒天も全て板金カバー。
仕上がりに満足頂いたお客様から今回唯一残った事務所棟の工事を来年度にとご依頼頂きました。

屋根面積307㎡ 外壁面積328㎡ 工事金額合計1360万円(屋根延長工事、工場内鉄骨補強、部分塗装、ポリカ波板屋根工事、足場代含む)

横浜市港北区及び隣接地域の屋根工事例は、「横浜市の屋根リフォーム(屋根葺き替え・カバー工法・修理)工事例」に掲載しています。

 

横浜市の工場屋根リフォームで後悔したくない方は、当サイトからの見積りと是非比較検討してみて下さい
屋根見積りのお申込みはこちらをクリック

国分寺市の屋根リフォーム工事はフリーダイヤルへ