10年前に屋根塗装、状態を見て適切な対処方法を。

クボタ・アーバニーへのカバー工法。鎌倉市

クボタ・アーバニーからガルバリウム鋼板横葺きへの屋根カバー工法before&after写真
鎌倉の入母屋屋根重ね葺き(屋根カバー工法)工事
平成元年建築のスレート屋根
10年ほど前に屋根塗装したが、今の状態を見て適切な対処方法の提案と見積をしてもらいたいとのご依頼。

屋根は入母屋造り、屋根材はクボタのアーバニー(スレート屋根)。
差し棟仕様にガルバリウム鋼鈑屋根の横暖ルーフでカバー工法

工事担当は、お客様より超職人と評された公共工事も行う専門職人。
ガルバリウム鋼鈑は雨漏りトラブルが多い屋根で、地元工務店などでも10年以内の不具合が多く起きていますが、公共工事を行うような屋根専門職人は工事方法が全く違うため20~30年程度でトラブルが起こるようなことはありません。

今回担当させて頂いた職人は、こちらの工事後に湘南モノレール富士見町駅のバリアフリー化に伴う駅舎の屋根・外壁工事も担当しました。
(注:クボタ→松下電工と事業統合→現KMEWケイミュー)

屋根と屋根廻りの痛み。

クボタ、アーバニーの屋根痛み
【屋根の痛み】
全体的にコケが生え、ヒビ割れ部分をコーキング補修した跡が見られましたが、新たなヒビ割れも多く見られました。
谷の接続部は下方へズレており、ケラバから棟へ続く部分は施工の仕方が悪く隙間が生じていたため木材の一部が腐食していました。
雨樋が正面から見えないよう隠す役目の幕板は腐食している部分が多く、落下する可能性もあったので全て撤去。
雨樋は、上合まわりを中心に落ち葉で詰まっていました。
お客様の要望で屋根全体を高圧洗浄後、粘着タイプのゴムアスルーフィングを敷き屋根本体を施工。

入母屋と谷部の雨仕舞。

入母屋部分のガルバリウム鋼板屋根カバー工法工事、鎌倉市
入母屋部分は傷んだケラバ部分の木材を撤去したところ、屋根と軒天の隙間から蜂が入り込み巣を作っているのを発見。
隙間があると虫やコウモリ、雨も入り込む可能性があるので破風板を一旦撤去して屋根を壁際まで施工。
屋根完成後は軒天を張らない仕様に変更しました。

白く見える屋根裏面・母屋・壁はガルバリウム鋼板の平板を加工して取り付け。
側面は本体の凸凹に合わせて平板をカットするなど完璧な雨仕舞により細部まで完璧に仕上げられています。

屋根工事完了、細部まで美しい仕上がり。

入母屋造りの屋根ガルバリウム屋根カバー工法工事、横暖ルーフ
鎌倉市での屋根重ね葺き(屋根カバー工法)工事
天窓(トップライト)廻りの屋根カバー工法工事、鎌倉
2階の屋根には換気棟を2ヶ所取り付け、棟包み工事は屋根工事の匠特有の三重の安全策。
絶対雨が入らない工夫が施されており、防水シート(ルーフィング)頼みの工事ではなく、例え防水シートが無かったとしても雨漏りしない本体工事がなされています。
雨樋は修理・調整・掃除してそのまま使用。
天窓まわりの雨仕舞も二重の安全策が施され、完璧な美しい工事がされています。

屋根面積208㎡ 工事金額合計254万円(高圧洗浄、幕板撤去、木工事、板金工事、換気棟、雨樋補修、雪止め、足場代含む)

鎌倉市のアーバニーカバー工法は「神奈川県の屋根工事例」をご覧ください

 

鎌倉市の屋根葺き替えで後悔したくない方は、当サイトからの見積りと是非比較検討してみて下さい
屋根見積りのお申込みはこちらをクリック

屋根見積り、屋根業者への見積依頼はフリーダイヤルへ