激安屋根工事が出来る訳

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0120-7109-88
HOME > 業者選びで全てが決まる > 屋根工事の見積金額は安いほどいい?

屋根工事は安ければ良いのか?|

見積書からでは工事内容が分からないという問題

屋根の葺き替え工事をするなら、少しでも安く工事してくれる屋根業者を探したい。
誰もがきっとそう思うことでしょう。

きちんとした技術を安く提供してくれる業者に出会うことが出来れば、それに越したことはありませんが、もし安いなりの工事をされてしまったとしたらどうなるでしょう?

 

コロニアル工事、一見なんの問題もなり屋根葺き替え工事に見えますが例えば、この工事

一見、何の問題もないカラーベスト(コロニアル)の工事に見えます。

綺麗に仕上がった屋根を見て、きっと満足されたことでしょうね。

 

ですが、拡大して良く見てみると。
屋根工事見積り金額がいくら安くても、このカラーベスト屋根の工事では
なんと、カラーベスト専用の固定釘ではなく、ネジで脳天打ちされているのが分かります。

 

 

悪質屋根工事業者の施工内容本来は屋根材を釘で固定し、その部分を次に上に被せる屋根材で隠すように工事するものなのですが。
脳天打ちした場合、例え雨水が浸入しないようコーキングを充填したとしても、いずれは必ず屋根材裏面に漏水してしまうものなのです。

このような工事をされてしまったら最悪、後の祭りです。

 

プロであれば直ぐに分かりますが、屋根についての知識が全くない人にとっては、その場で見ていても分からない手抜き工事もあります。

見積り金額を安く抑えるための屋根手抜き工事
この屋根工事は材料を減らすために行われた実際の写真です。(右側の写真)

 

屋根を葺き替える際には、雨仕舞や見た目を良くするため屋根の左端と右端で屋根が対象になるよう施工し、下の屋根材と次に上にくる屋根材が互い違いになるよう施行する必要があります。

このように割り振りをきちんと行うには手間もかかり、材料にも無駄が出てしまうものですが、右の写真を見ると割り振りをすることなく極力材料を減らすための施工がされているのが分かります。

 

さらに、1階屋根と2階外壁の壁際、雨押えの工事で
屋根の工事見積金額がいくら安いとしても

このように、本来あるべき木材を入れないで雨押えを脳天打ちした工事。

下地として張る野地板や防水のためにひくルーフィングなどを薄い物に変える。
細かい材料一つ一つ(鋼板役物の厚み、コーキング、ネジ、釘など)のグレードを下げ、経費をできるだけ抑えるなどの工夫をされてしまう。

素人では分からない部分で手抜きをされてしまっては。

一時的に工事金額は低く抑えることができたとしても、次回の葺き替えが早まったり、 あとあと修理が必要になり、結局高いものになっては意味がありません。


きちんとした施工をしてくれるかどうかは、お客様へは勿論のこと自分自身に対しても誠実であるかどうか?が問題であり、業者自身が確固としたポリシーを持ち仕事に取り組んでいるかどうかに掛かっていると言えるのではないでしょうか。

 

 

屋根の葺き替えで後悔したくない方は、当サイトからの見積りと是非比較検討してみて下さい
屋根見積りのお申込みはこちらをクリック

屋根見積り、屋根業者への見積依頼はフリーダイヤルへ

 

屋根材別の施工価格

屋根工事見積書チェックサービス
見積が高過ぎない?逆に安過ぎて不安!という場合のチェックサービス。

屋根相談はコチラ

 

   区切り線

屋根無料見積.com

屋根工事の見積依頼は無料見積.com
地元の信頼できる工事業者様をご紹介致します

運営責任者 市川清信
屋根工事、見積に35年・5,000件以上の経験を持ち、屋根工事の裏側を全て知り尽くしたプロが中立の立場でお手伝いします。
電話対応も専門家が致します。
[建築関連業者様へは対応しておりません]

日本屋根業者サポート協会
屋根無料見積.comのミッション
サイト運営会社
お問い合わせ

地震・台風に強いやねへの葺き替え工事
への葺き替えならyanemitumori.com


 

 
Copyright(C) 屋根無料見積.com All Rights Reserved.